kanifilm

海・川・干潟等の自然フィールドを観察し写真に記録し続ける『kanifilm』を主宰する カメラマン・横山和男のブログです。 生き物の不思議・生命力・美しさを共感していただけたら幸甚です。

サンゴイソギンチャクの中を探していると、この子に会うことがたまにあります! 体長は1Cmくらいだった。 かわいいオシリでしょ!! (東伊豆・富戸 水深6m) ...

砂地にいるスナイソギンチャクの根元で観察できます。 普通、後ろ足で有毒なガヤなどを持ち上げて外敵から身を守ろうとしているんですが、、、 この子は、ハートマークの海藻の切れ端を持ってました!! おいおい!!それじゃ~、防御にならんだろ~~!!!(笑) ( ...

伊豆半島では、初夏~初冬にかけて、水深10m前後で群れています。 アジはイワシやキビナゴなどの小さな魚群を追いかけ、逆にカンパチやヒラマサ、ブリなどの大型回遊魚の餌食にもなります。正に食物連鎖の真っただ中といったところでしょうか! 『鯵』は、塩焼き、天ぷ ...

サンゴイソギンチャクの触手の中を捜すと見つかります。 最初はこのエビの透明感に馴れず、見落としがちですが、ハサミや足のドット模様に気が付くと 捜査率がアップします!(笑) 富戸・ヨコバマではサンゴイソギンチャクの大群棲があり非常に簡単に捜すことができます ...

トゲウミエラの葉状体の間に共生しています。甲幅1Cmくらいで小さいです! どこに居るか判りましたか? (私の写真の撮り方は、環境を丸ごと入れたい時はマクロレンズを使用しないで魚眼レンズで触れるほど寄って撮ります。) ウミエラの仲間は昼間は砂に潜っていてあま ...

岩礁域のオーバーハングや亀裂に逆さまになって住み着いていますね。 ほとんどが雌雄のペアで暮らしていてます。 紅白の縞模様のハサミと白く長い髭がトレードマーク。 お腹に青い塊が見えたらそれは卵です。体長は5~10Cmくらい。 (東伊豆・富戸 水深7m) ...

黄金崎公園ビーチで、ネジリンボウ、ハダカハオコゼ、その他を撮った後の減圧停止中 5mほどの浅場で小石を引っくり返して物色中、小さい石が横に動いたんです! 普通、小石などは高い方から低い方へ転がりますが。。。 よーく見ると、このカニでした! 2Cm位だったか ...

↑このページのトップヘ