kanifilm

海・川・干潟等の自然フィールドを観察し写真に記録し続ける『kanifilm』を主宰する カメラマン・横山和男のブログです。 生き物の不思議・生命力・美しさを共感していただけたら幸甚です。

安波節の歌碑を見に行った。安波節の歌碑は県道70号・国頭東線沿いにある。過去のブログ記事、安波節の説明もこちらへ。http://kanifilm.blog.jp/archives/855850.htmlまた、安波ヒラバンタ公園の上にもある。今回はこの小高い丘の上の歌碑を見に行った。琉球松が画角に入る ...

沖縄島、古宇利島、瀬底島に分布する原始的なヤモリの仲間。まぶたを閉じることが出来る。沖縄県指定天然記念物。RDB絶滅危惧Ⅱ類(VU)もともと尾は横縞模様であるが、危険が迫ると自切し再生された尾はマダラ模様となり太く短い。(完全尾の個体)(再生尾の個体) ...

オキナワヤモリはミナミヤモリの隠蔽種で、やんばる、久米島、伊平屋島で確認されている。Gekko sp. とsp表記なので、まだ学術的には未記載種となる。RDB準絶滅危惧(NT)沖繩の建造物で見られる「ヤールー」は少し小型の別種でホオグロヤモリ。 ...

ハナサキガエルは手足が長くジャンプ力が強いので、2回くらい跳ねるともう見つからなくなる。色彩変異が多く、緑色の綺麗な個体を見つけた。あまりにも緑色が綺麗なので一瞬違う種のカエルかと思った。やんばる固有種。RDB絶滅危惧Ⅱ類(VU) ...

オカヤドカリ全種(7種)が全て国の天然記念物。ヤンバルマイマイの殻を住処にしている大型のナキオカヤドカリ。海から遠く離れた林道付近にかなりの個体数を確認した。お産の際は海までかなりの旅になるだろう。 ...

EOS-90D 水中ハウジングが完成した。途中GWの撮影でカメラを一旦戻してまた預けたので2ヶ月掛かってしまったが、おそらく最短では1月半程度で完成したであろう。オーダーメイドハウジングは過去の経験から最低2ヶ月は掛かるものだと認識していたので、今回は早いと感じた ...

シダ植物・リュウビンタイの上にいたギンボシザトウムシ。胴体(約5mm)に比べて長過ぎる脚、「銀星座頭虫」と書くと宇宙生命体かエイリアンみたいなものを連想してしまう。夜の闇にその不気味さがライトに浮かび上がった。 ...

↑このページのトップヘ