国頭村安波の琉球古民家一棟貸しHABUMAN OKINAWA
ここに3泊した。

Habuman.okinawa02


基本的に3食自炊の生活、撮影地は誰もいない渓流。
およそ観光客とはかけ離れた行動で感染症対策をとる。

しかしながら食材はお店で買わなければならない。
献立は事前に決めておいて必要な食材をリストアップして最短時間で買い物をする。
初日は名護市伊差川のAコープで野菜・島豆腐・惣菜・調味料など。
名護市仲尾次のお魚屋さん・与那嶺鮮魚店はSNSで美味しいと評判、味噌和えとマチを購入。

鮮魚・与那嶺

味噌和えはお刺身を酢味噌で和えたものでやんばる地方独特。
マチはおそらくアカマチであろう、そう沖繩三大高級魚の一つ。
アカジン(スジアラ)、アカマチ(ハマダイ)、マクブー(シロクラベラ)。
アカマチはまだ食べた事がなかったのでこれで全て制覇!!
誰だ!沖繩の魚の味を知らないのは!
旨い魚は此処に有り!!

安波の晩餐01

スヌイの天ぷら、島ラッキョウ塩漬け、やんばる産トマト、その他。
ヤンバルクイナBLACK古酒43度
安波集落では、泡盛は「まさひろ」が定番。
しかし敢えて「やんばる酒造」の泡盛を飲む。


次の日は、国頭村辺土名の仲本鮮魚店の味噌和え。
これは鯖がメインの味噌和え、個性的だ。

安波の晩餐02

ゴーヤーチャンプルー、魚の天ぷら、スヌイ、ジーマミー豆腐、その他。
この日は飲み過ぎてボトルは空になった。