真夏の夜の散策は、春のそれとは様子が違う。
先ずとにかく蒸し暑い。
ガジャン対策の為に長袖長ズボン着用の理由もあるが、傾斜がキツく登山道の様な高低差の道を進むからだ。しかもほとんど無風。
「ガジャン」とは「蚊」の事で沖縄ではそう呼ぶ。
とにかくガジャンが多いので山に入らなくとも古民家の軒先でも刺されまくる。

春にあれほど居たハナサキガエルも姿を見せない。
うっかり踏みそうになったオカヤドカリもベンケイガニもめっきり少ない。
夏の大潮なので一斉に海岸近くに移動しているのかも知れない。

オレンジ色のニョロニョロ動く姿は「ハイ」である。
何とコブラ科の猛毒を持つ蛇。
えんぴつ程の細さで逃げ惑う姿に怖さは感じられなかったがその実力はいかに!?
RDB準絶滅危惧種


ハイ.b