kanifilm

海・川・干潟等の自然フィールドを観察し写真に記録し続ける『kanifilm』を主宰する カメラマン・横山和男のブログです。 生き物の不思議・生命力・美しさを共感していただけたら幸甚です。

カテゴリ: 魚類

某河川中流域で出会ったリュウキュウアユ。体長約10CmRDB絶滅危惧IA類(CR)、沖縄本島産は1970年代末に絶滅。1992年、奄美大島産の稚魚を福地ダムや安波ダムなど3箇所に放流し陸封化個体が定着。今回撮影した個体は海と河川を行き来する両側回遊型、周辺で2個体のみ確認 ...

某河川の中流域で撮影。ここはナンヨウボウズハゼが沢山棲息している。手前がオス、奥がメス。体長は約4Cm、水深約30Cmで撮影した。 ...

某河川・中流域で撮影したボウズハゼの幼魚。体長4Cm、このステージが一番可愛いです。昨年夏に初めて入った某河川の中流域。実に多種の魚類がいて楽しいポイントです。今回も様々な被写体に恵まれました。 ...

ヨロイボウズハゼのオス、婚姻色が出ています。某渓流の上流部、流れの速いところで水深は10Cm、警戒心が強く一眼レフのハウジングでの撮影に苦労しました。RDB絶滅危惧IA類 ...

シマヨシノボリのメスの婚姻色。腹部が鮮やかな青色になる。これも体長約3Cmほどであるが立派に繁殖している。やんばるの渓流は恋の季節到来です!バックにアオバラヨシノボリのオスが。。。某河川の上流は楽しい! ...

沖縄本島北部・やんばるの固有種。RDB絶滅危惧ⅠA類(CR)近似種のキバラヨシノボリと同じ中卵型のヨシノボリ。比較的大きな卵を少数産み孵化した仔魚は降海せずに淡水域のみで成長する純淡水魚。体長約40mmと小ぶりながら成魚、透明感ある上品な姿は長時間観察していても飽き ...

やんばるの渓流の中流域に多いヨシノボリの仲間。シマヨシノボリのオス個体、3Cmくらいの体長だった。オスの鮮やかな婚姻色とコミカルな動きで見ていて飽きなかった。 ...

2021年 水中映像サークルカレンダー 1月の写真です。比較的深海に生息する魚ですが冬の産卵期には水深20〜30 mで観察することができます。体長約30Cm。市場には稀に入荷する程度の流通量の様ですが美味です。 ...

2ヶ月前に撮影した時より体長は2倍程になり5〜6Cmくらいに成長していた。より快適な住居を求めて戸田方向に引越していた。 ...

↑このページのトップヘ