kanifilm

海・川・干潟等の自然フィールドを観察し写真に記録し続ける『kanifilm』を主宰する カメラマン・横山和男のブログです。 生き物の不思議・生命力・美しさを共感していただけたら幸甚です。

カテゴリ: その他

やんばるのとある渓流の源流部に入った。深い谷を延々と降りて行くのだが傾斜がきつく滑りやすいので緊張した。渓流を遡上しシリケンイモリを見つけ水中撮影をする。シリケンイモリは鹿児島県および沖縄県のRDB準絶滅危惧種。水際ギリギリにいるので水深が5〜10Cm、とにかく ...

TG-6が発売日に届きました。取り敢えず、ストロボとライトに魚眼クンを付けてみました。この組み合わせで写真も動画も撮れますが、おそらく実際には動画主体(顕微鏡モード)となるのでまた変更しそうです。 ...

海況は良く有りませんでしたが西伊豆・井田に行って潜ってきました。先日研磨したドームポートの調子をチェックするのが目的でした。結果は?全然問題ありません!綺麗に撮影できました!!砂地にゼブラ柄のカエルアンコウがいました!この模様の個体はレアですね!! ...

沖縄・やんばるの渓流で水中撮影中に水中カメラハウジングを岩場に接触させてしまいガラスドームポート 表面に傷がついてしまったので研磨しました。ドームポートのガラス表面にはコーティングされていない事をメーカーに問い合わせ確認しました。髪の毛よりも細いホコリの様 ...

やんばるの林道で出会った小さな生き物です。 ワキグロサツマノミダマシ 蜘蛛の糸が出ています。 クロモンカギバ 成虫は枯れ葉に擬態する。 ニホントビナナフシ・雄羽化 (旧 リュウキュウトビナナフシ) 本土は雌だけで繁殖するらしい ...

第39回 SSP展「自然を楽しむ科学の眼 2018-2019」 東京展 富士フイルムフォトサロン東京(富士フイルムスクエア) 2018年5月18日(金) ~ 5月24日(木) 日本自然科学写真協会(SSP)は、自然科学写真にたずさわるプロ、アマチュア写真家、専門家の集団で、今年 ...

クロエリナマコは手の様な触手を口の中から伸ばして歩く。 裏が白くて側面は黒〜茶褐色、何と25本も有るという。 名前の由来がこの「黒襟」 砂地を歩く際はこの触手を使って器用に砂を食べる。 実際のところは砂の中の有機物を濾過して肛門から綺麗な砂を排泄す ...

謹んで新年のお祝いを申し上げます 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 おかげさまで良き新年を迎えることができました。 本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 (写真:裏 ...

フジテレビとくダネ!の放送に私の水中映像が放映されます。放送日は、11月15日(水)9:00過ぎ〜とくキュウコーナー「秋の絶景」の中の「水中の紅葉」のシーン。おそらく短いと思いますが、お時間のある方はご笑覧ください! https://photo.blogmura.com/p_under ...

マンリョウウミウシの卵塊と思われる中にチャマダラホウキボシ(ヒトデの仲間)が入り込んで捕食していました。 ヒトデの仲間は海の掃除屋と言われるほどなんでも食べる雑食性です。 しかし、これだけの卵を食べたらどんだけコレステロール値が高くなるんだろう! ...

水中写真家・伊藤勝敏 さんの集大成とでも云うべき写真展が開催されています。 ご丁寧に我々夫婦にとご招待券をいただきました。 先日、八幡野を潜った後に拝観させていただきました。 伊藤先生のストレートな海中写真が大判の迫力あるパネルでこれでもか!と云うくらい ...

CANON EF-S 35mm F2.8 マクロ IS STM で撮影してきました。 先週末の井田は、透視度10m前後の穏やかな海況でした。 ウミシダに寄り添うクラカケトラギス(体長15Cm) フルサイズ換算で56mmのこのレンズは標準マクロと云うカテゴリーに属します。 守備範 ...

↑このページのトップヘ