kanifilm

海・川・干潟等の自然フィールドを観察し写真に記録し続ける『kanifilm』を主宰する カメラマン・横山和男のブログです。 生き物の不思議・生命力・美しさを共感していただけたら幸甚です。

タグ:マリンスポーツ

やんばるの林道で出会った小さな生き物です。 ワキグロサツマノミダマシ 蜘蛛の糸が出ています。 クロモンカギバ 成虫は枯れ葉に擬態する。 ニホントビナナフシ・雄羽化 (旧 リュウキュウトビナナフシ) 本土は雌だけで繁殖するらしい ...

渓流の水中撮影の後は大潮周り。 いつもの干潟でルリマダラシオマネキを撮影した。 昨年の夏もここでシオマネキ類を撮影している。 今回は昨年より少し多く全部で10個体ほどいたが、撮影しやすいのはその半数くらいだった。 ルリマダラシオマネキの雄は片方のハサミ脚が大 ...

やんばるの渓流に入る目的の主題は テナガエビ科「テナガエビ属」。 他にもヌマエビ科「ヒメヌマエビ属」「ヌマエビ属」を見る事が出来た。 ヒメヌマエビ属・ヤマトヌマエビ 源流部に群れをなしていた。体長約4Cm ヌマエビ属・ヌマエビ メスの抱卵個体 ...

クロヨシノボリの可憐な姿に見惚れてしまった!! 某河川の本流、上流域でクロヨシノボリに出会う。 ヨシノボリの仲間は体型や体長はほぼ同じ。 色彩や模様の入り方で種が分かれる。 この淵付近の流れが穏やかな水深20~30Cmのエリアには数え切れない程のクロヨシノボリが ...

最初に入った渓流は某河川の源流部。 GoogleMapで見ても川筋が表記されていない、沢を登り切った源流域。 小さな露天風呂くらいの大きさの滝壺状のプール。 いきなりオオウナギとご対面した!! お互いにいきなりの事で面食らってしまった。 おそらく私もこのオ ...

「やんばる」や「山原」を見たり聞いたりした事は有りませんか? 沖縄本島北部の深い森の事をそう言います。 一般的には名護市から北を差しますが、大宜味村・東村・国頭村を特にやんばるらしい「やんばる」と言うそうです。 やんばるの海は定期的に潜り続けて、今尚その ...

新石切には、ありんくりん(色々)な被写体が居ました。 その中の一部を紹介します。 ジョーフィッシュです。 何個体か居るようで、その中の気の強い個体を撮影。 キカモヨウウミウシです。 チギレフシエラガイ(交尾) ホヤカクレエビ属の一種 ...

一年ぶりに石切に潜ってみたが、何故か生物が少ない。 昨年あれ程いたウミウシ属も少ない。。。 今年は何だか海中の季節が遅れているようだ。 石切は波浪の影響が受け易い地形でエントリー口の護岸が破壊されていた。 昨年秋の台風の影響だろうか、お陰でエントリーし易 ...

翌日はフィールダイブさんにお世話になり、水納島と瀬底島を潜る。 和船には足の踏み場が無いほどの混雑ぶり。 約25名分の2DIVE分のタンク(50本)とダイビング機材で隙間が全く無い。。。 やはり10連休は伊達では無いぞ! 同じポイントにこれだけのダイバーが潜るか ...

GWは沖縄本島に行ってきました。 前半は名護ステイで海中にダイビング。 後半は国頭ステイでやんばるの渓流に入りました。 どちらも楽しい水中撮影でした! 我々は実質9連休の旅程。 羽田空港の中で夕食を済ませ、最終便のANAで羽田を立ち那覇市内のホテルにチェック ...

浅場にサキシマミノウミウシ(体長約2Cm)がいると聞いたのでエントリー直後に撮影。 フィンを履いて10mも行かない所。 水深2mあるか無いか、ウネリで身体は揺れる。。。 ウミウシも海藻も揺れまくり。。。 TOTOME.G.A.   master lens 49mm , f29 , 1/125 ...

オオウミウマの情報をいただき、探しに行きました。 水深28mの非常に分かりやすい所にいました。 体長15Cmは有ろうかという大きな個体です。 岩と岩の間の狭い所に居るので撮影し易くはありません。 ファインダーを覗けず、当てチョン方式で勘を頼りにフレーミング ...

↑このページのトップヘ